こんにちは!恭子です。







どうやら近日私の家のめちゃくちゃ近く(徒歩5分ほど)に

新しいジムがオープンするそうで、

インスタでフォローされていました。






ちょうど最近、

週一のヨガでは追いつかへんな~・・

と思っていたところでした。






歌は筋肉運動なので、スポーツとよく似ています。

というか、ほぼスポーツです。

しかも我々の楽器(声帯)は

血と肉からできていますので、

体が健康じゃないと当然良い声は出てきません。




歌い手は健康管理めちゃくちゃ大事なので、

健康意識を常に高くもっていきましょうね。







最近「コレ必要だな~」と頭の片隅で思っていると、不意にそれが与えられたりします。

その度に、

いつも神様が私を瞳の中に置いて見守って下さっている事を感じ、

魂がジワ~~っと暖かい愛で満たされます。







今日はあなたにこの記事と御言葉をシェアしたいと思います。







『わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。』(イザヤ書43章4節)


http://astone-blog.jp/solution/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E7%9B%AE%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AF%E9%AB%98%E4%BE%A1%E3%81%A7%E5%B0%8A%E3%81%84/







実はこういった皮膚病の癒しは、

私の音楽とゴスペル伝道の師匠も経験しています。






皮膚が乾燥しきってつっぱり、

動くと皮膚がやぶけて血が出て全身血まみれ。

テイッシュ1枚自分でとることが出来ない介護生活を4年間経験されました。






手のほどこしようがなく、

かかりつけ医も「上手く付き合っていくしかない」と

気休めの薬だけ処方され続けていました。






それでも彼は自分の気力を振り絞って、

「大丈夫!いつか治る!」と思っていたそうです。






しかし4年目に入り、まったく治らない。

症状が緩和する気配が1ミリもない。

精根つきはてて彼はついに、

「もう自分の気力では無理・・・助けてください!」

と、涙ながらに神様に救いを求めるようになりました。






そしてある朝、

この記事の男性と同じく、いきなりかゆくなくなり始めました。



医者が「何したの!?」と目を丸くして驚くほど

炎症反応の数値がありえないスピードで下がっていたそうです。






人間の努力や、気力や、知識や技術を総動員しても、

まったく歯が立たない。

お手上げです!!!


という状況におちいった時、

人は神様に出会うんじゃないかなと思います。






八方塞がりで、今まで味方だと思っていた人たち全員が

自分を見放していった時、

もう自分の人生終わりだと思える時、






頭上は空いています。






この記事が今は必要のない情報だったとしても、

あなたにいつか必要になる時が来るかもしれません。





その時のために、

ぜひ心に覚えておいてくださいね。






また書きます!!


関連記事

この記事へのコメントはありません。