こんにちは!光本恭子です。


先日、

ムキムキ黒人さんの海外ボイストレーナーが

熱く語っている動画を見てたんですよ。

そこで話していた内容がすごく良かったので、

シェアしようと思います。





「みんな俺んとこに『本当の自分の声を見つけたい!』って言って

レッスンに来るんだけど、

今現在出してる声は間違いなくあんたの声なワケよ。



みんなは『自分にはもっといい声眠ってるはず!それを引き出して!』

って感じで俺んとこ来るんだろうけど、それはちげぇよ。



今あんたが喋ってる声も、

上手く出せなくて苦しい喉声も、

全部あんたの声のワケ。



で大事なのは、

良い声以外自分の声だと認めようとしてねぇことが間違ってんの。



いろんな自分の声を、

柔軟に受け入れられていない状態が、

自分の本当の声を知らないって事なのよ。



だからまずは、

良い声出したい云々の前に、

まずあんたが日頃感じてる事をそのまんま声に表せられるかって事が大事。

カッコつけよう、良い声作ろう、練習以上のことしようとして、

喉に変に力入れるから、心の底からの声が出て来ねーのよ。」




(ほんとにこんなニュアンスだったので、臨場感たっぷりにお伝えしています。笑)




いや~これは真実だわーー。

と思ったワケです。




毎日、生徒さんはもちろん、

色んな日本人の歌を聞いていると、

ほとんどの人が始めから最後まで

(なんなら全ての曲を)全くおなじ声で歌っているんですよ。




地声おしの人は終始ずっと張り上げた地声だし、

ヒョロヒョロの裏声の人は、

終始ずっとヒョロヒョロの声しか使わない。





日本人の多くは、

THE!! 一本調子の歌い手が多い気がする。




一生懸命上手に歌おうとして、

結果一本調子になることもわかりますが、

聞き手が求めてるのは、

”上手な歌”じゃなくて、

”心が動かされること”なんですよね。





そのゴールから目をそらさずに練習すると、

最短最速で、人の心に訴えかける歌い手になれますよ。






【今日のまとめ】

日頃から、

自分の感情を素直に声に出してみよう~~!

在り方を変えないと、

歌って変わらないんですよね~。




また書きますね!

関連記事

この記事へのコメントはありません。